Penerapan Teknik Semantic Mapping dalam Pembelajaran Kanji

Yeni Yeni

Abstract


本研究では、漢字能力に対するセマンティック・マッピング技法の有効性の検討を目的とし、漢字学習におけるセマンティック・マッピング技法の使用について調査した。セマンティック・マッピング技法の使用によって、漢字能力を向上させることができることが証明された。セマンティック・マッピング技法の使用した後、学習者の漢字能力が上がったことがわかる。以上から、漢字能力に対するセマンティック・マッピング技法の使用は、大きな効果があると考える。

 


Keywords


Teknik Semantic Mapping; Pembelajaran Kanji; Penguasaan Huruf Kanji

Full Text:

PDF


DOI: http://dx.doi.org/10.23887/jpbj.v5i3.22628

Article Metrics

Abstract view : 210 times
PDF file view : 88 times

Refbacks

  • There are currently no refbacks.


Journal Publishing by

Japanese Language Education Program

Faculty of Languages and Arts



Ganesha University of Education


Creative Commons License

Jurnal Pendidikan Bahasa Jepang is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International License.

Jurnal Pendidikan Bahasa Jepang Undiksha (JPBJ) indexed by:

 Crossref

 


Creative Commons License

Jurnal Pendidikan Bahasa Jepang is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International License.